2017年念願の宮之浦岳テント泊縦走(2日目)

【2日目(5/5)】
朝4時に起床。5時に旅樂のガイド赤松さんが送迎にきてくれて、まずは、屋久杉自然館駐車場へ。
駐車場から旅樂で予約してもらったタクシーに乗車して淀川(よどごう)登山口へ

20170505_01.jpg 20170505_02.jpg
雨の降る中、準備運動や共有荷物を子供たちと分担し、登山口で記念撮影後、7時過ぎに宮之浦岳を目指して出発。

20170505_03.jpg
小降りの雨が降る中、屋久島を思わせる景色を堪能しつつ、まずは淀川小屋を目指して歩きます。
ガイドの赤松さんのリュック。リュックの中には食材と私たちのためのテントまで持っている為、リュックお化けに見えるぐらいかなり大きい。

20170505_04.jpg
約1時間ほどで淀川小屋に到着。

20170505_05.jpg 20170505_06.jpg
最初の橋。川の水がすごくきれい。でも魚はほとんどいないそうです。

20170505_07.jpg
小花之江河を得て、花之江河に到着。

20170505_08.jpg
黒部岳との合流地点。宮之浦岳方面から淀川小屋に行く道は案内板がないと間違えてしまいそうなほど、石の壁がありました。

20170505_09.jpg
20170505_10.jpg
20170505_11.jpg
20170505_12.jpg
20170505_13.jpg
20170505_14.jpg
20170505_15.jpg
20170505_16.jpg
20170505_17.jpg
20170505_18.jpg
20170505_19.jpg
20170505_20.jpg



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2017年念願の宮之浦岳テント泊縦走(1日目)

GW後半に、念願の屋久島縦走、宮之浦岳に家族全員で登ってきました。

【1日目(5/4)】
朝5時に我が家を出発。実家に寄って義母をピックアップして中部国際空港へ。
8時10分発鹿児島行のANA351に乗って1時間半のフライトで鹿児島空港へ到着。
その後、空港リムジンバスに乗って、高速船ターミナルへ。
高速船トッピー115便 鹿児島(南埠頭)12:00発に乗って、屋久島(宮之浦港)に13:50に到着。屋久島入りしました。

レンタカーを予約していたので、手続きをしたのち少し時間があったので、中間にある屋久島フルーツパークへ。

20170504_01.jpg 20170504_02.jpg
閉館30分前に到着し、入館料500円/人払ってガイド付きで見学。

20170504_03.jpg 20170504_04.jpg
散策から戻ってくると、フルーツの盛り合わせを食べ、アイスクリームを追加注文。おいしい~。
思っていた以上に楽しむことができて満足。

20170504_05.jpg
宿に向かう途中に18時頃に晩飯。新鮮な魚介類を食べることができて、かなり満足しました。
※ちなみに本日の宿、民宿 朋で晩飯を予約していたのですが、忘れられていたようで準備なし(# ゚Д゚)。
 仕方がなく外食になったのですが、逆においしい晩御飯にありつけてよかったです。

お風呂も尾乃間の共同温泉へ。熱い湯で長時間入ることはできませんでしたが、肌がすべすべに。
明日は4時半起きの為、縦走楽しみながら8時に就寝しました。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

寧比曽岳・筈ヶ岳(大多賀峠ピストン)

GW5日目。友人を誘って豊田市の最高峰の寧比曽岳にトレランしてきました。

我が家を8時半前に出発。友人をピックアップして瀬戸市を通って、八草ICから猿投グリーンロードへ。
足助を抜けて、大多賀峠駐車場に10時に到着。すでに満車状態でしたが、1台空きスペースに滑り込みセーフ。
戻ってきたときには路駐している車がありました。

20170502_01.jpg
寧比曽岳山頂(1,121m)

快晴で気持ちのいいトレイル。
大多賀峠から寧比曽岳までのトレイルは、木の根が張っている状態で走りにくい為、注意が必要です。

20170502_03.jpg
冨士見峠のトイレは、建て替えられていてきれいになっていました。
なお、様式はぼっとんで、ティッシュは持参。

20170502_02.jpg
筈ヶ岳山頂(895.3m)

20170502_04.jpg
帰りに立ち寄った水場。ぽとりぽとりと滴が落ちていて、飲めるぐらいにたまるのはかなり時間がかかりそうでした。
雪解けの春先が水量が豊富なのかな。

帰りのお風呂は、足助にあるホテル百年草へ。
入浴料はなんと200円。洗い場が7つほどで、湯船は狭いですが、混んでなかったのでのんびり入ることができました。
ホテルのレストランで遅い昼ごはん。
ZiZi工房のこだわりボイル料理セットとノンアルコールビールを堪能。美味しかった~。

さあ、次はどの山に登ろう(走ろう)かな。

ヤマレコに投稿しています。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1122310.html

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

5/1のジョグ(11.4㎞)

夕方、外周を走りました。
河川沿いを走ると虫が飛んでいてつらかった(笑)。

距離:11.4㎞
時間:1時間6分

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

花の百名山 藤原岳へ。福寿草が満開でした。

GW3日目。友人達とともに総勢16名で花の百名山 藤原岳に登ってきました。
我が家は、相方とカッキー、ユッキーと私の4名。ヒッキーは家でお留守番(笑)。

我が家を6時過ぎに出発。H母と息子をピックアップして、名神高速を関ケ原ICで降りてひたすら南下。
7時50分前に集合場所の藤原岳観光駐車場に到着。駐車場はすでに9割がた埋まっていました。。

20170430_01.jpg
駐車料金300円を払って、8時18分頃出発。まずは、聖宝寺道(裏道登山口)を目指します。

20170430_02.jpg
聖宝寺登山道の最初は石階段から。階段はばてます。

20170430_03.jpg
砂防ダムが悠然とそびえ立つ。一旦、ダムの上にまで行った後、また下ります。

20170430_04.jpg
ダムを下ったところにある清涼感あふれる滝。

20170430_05.jpg
二合目を超えたところにある谷筋を行きます。大雨が降ったら川となるのかな。
聖宝寺登山道は、道幅が狭く、急坂でガレ場もあるトレイル。でもそれなりに整備されているため、危険個所はありません。
しかし、ほぼ登り一辺倒なので汗があふれ、疲れました(笑)。

20170430_06.jpg
八合目で大貝戸道(表道登山道)と合流。9合目付近から念願の福寿草が満開で咲き誇っていました。

20170430_07.jpg 20170430_08.jpg
4年ぶりに到達した藤原山荘と新設されたトイレ。
思い出す悪夢のトイレから水洗トイレに代わり、女性にも安心して登ってこれる山になりましたね。

20170430_09.jpg 20170430_10.jpg
藤原岳山頂(1,140m)。抜群の景色!

先行していたカッキー、ユッキーの男子チーム。30分も前に山頂に到着したとのこと。
ちなみに、私含め後発隊は、藤原山荘の裏でお昼ごはんタイム。S石父と二人で呼び戻しに山頂に来たのでした(笑)。

20170430_11.jpg
藤原山荘裏に戻って、お昼ごはん。我が家の昼は、定番のカップラーメンとおにぎり。
食後のコーヒーはインスタントでもうまい。なぜ、こんなにうまいんだろう。
ちなみに、山頂は風があるものの、暖かい。ほぼ夏日でした。

20170430_12.jpg
コバイケイソウ群。めちゃくちゃたくさん生えていました。

食後は男子チームは天狗岩を目指す。後発隊はもちろん藤原岳山頂へアタック中。
なお、O父が残ってくれたので、リュックをおいての楽々登山。

20170430_14.jpg 20170430_15.jpg
約20分ほどで天狗岩(1,165m)に到着。前方の三角の山が藤原岳。

20170430_16.jpg
藤原山荘に戻れば、後発隊も山頂を踏んで戻ってきていました。
時間が過ぎているので早速下山開始。

20170430_17.jpg
女子チームのスピードに合わせてゆっくりと歩いて無事に下山。
大貝戸休憩所前の無料駐車場には数台の車が停まっているだけでした。

この後、阿下喜温泉のあじさいの里へ行き、風呂に入ってすっきり。
晴天でマイナスイオンたっぷり、福寿草も拝見できた満足いく山旅でした。

さあ、次はどこに登ろうかな。

ヤマレコにも投稿しています。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1119906.html

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

アラミツ

Author:アラミツ
趣味がバイクとアウトドアである管理人のアラミツです。あと人付き合いがちょっと苦手な自己中な性格(^^A;。
愛知県在住

【家族構成】
ちょっと天然ボケが入っている妻、しっかりモノの長男ヒッキー、我がままな次男カッキー、食べることが大好きな三男ユッキーの5人家族です。

【所持バイク】
HONDA '99VTR1000F(銀)
HONDA TODAY(原付)

最新記事
最新コメント
訪問者数
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR